オフショア(off shore)開発とニアショア(near shore)開発の違い

オフショア(off shore)開発とは?

システム開発のコストを削減するために、日本より人件費の安い海外の開発力を活用し、開発を行うことを「オフショア(off shore)開発」と言います。

ニアショア(near shore)開発とは?

システム開発のコストを削減するために、首都圏より人件費の安い地方都市の開発力を活用し、同じ文化と言語で開発を行うことを「ニアショア(near shore)開発」と言います。

松山ニアショア開発センター 東京請負単価、松山請負単価 約25%のコスト最適化が可能 Made in Japan サービス提供バックボーン 社内品質管理フレームワーク 高速システム開発メソドロジー

オフショア(off shore)開発の課題

.灰潺絅縫院璽轡腑鵑量簑

・日本人の間でも用語の解釈が異なったり、仕様書の理解で問題が発生するが、オフショアの場合、母国語が違うエンジニア間での作業になるので、更に問題が多発する事がある。

∧顕宗商習慣の違い

・時間管理や業務に対する姿勢や品質向上への取り組み方が大きく異なる。
・商慣習も違うため、正確に仕様を理解されないケースも発生する。
・通常、オフショア先のエンジニアの判断で仕様を解釈し、後になってから問題が発覚する。

生産性の向上が難しい

・近年国内トレンドとしてソースコードを部品化し次回以降の開発でその部品を使い生産性を大幅に高める取組みがあるが、 オフショア開発の受託会社はその意識がない事が多い。
  また、発注者から指定されたコーディング規約のそわないケースも散見される。

ぅ札ュリティー上の問題

・文化・商習慣の違いとも関連するが、特に中国は著作権の意識が欠落している場合が多い。このことから開発したソースコードや設計書類が外部に流出することもある。

ニアショア(near shore)開発の優位性

多くの課題から、全体として海外オフショア開発の満足度は高いものではありません。
そんな中、言語、文化、商習慣の違いがなく、大都市圏に比べてコストを抑えられることからニアショア開発が注目を集めています。

コミュニケーションが容易、高品質・Made in Japan、国内特有の地理的優位性、高いコストメリット、プロジェクトチーム 発注者 要件定義、基本設計、品質管理 受託者 詳細設計、プログラミング、テスト ユーザー 競争力を持つ開発体制構築へ

CSCはこんな会社です!

CSCの守備範囲 ハードウェアベンダー、ハードウェア関連企業、通信・ネットワークベンダー、インターネットサービス企業、保守・サポート、アウトソーシング企業、組み込み・制御系 SI CSC 社員について 従業員数 220名 社員の趣味 釣り、マラソン、自転車、読書、映画、サッカー、B級グルメなど、多種多様にわたります。 保有資格 システムアーキテクト、情報セキュリティ、エンベデッド、データベース、ネットワーク、応用技術者、基本情報、ITパスポート、PMP、オラクルマスター、Sun認定Java、CCNAなど お客様の声 粘り強い、真面目、優秀、メーカーの人っぽい、プロ意識が強い、仕事好き、勤勉、純粋、素朴、品質が高い、誠実などなど様々な声をいただいております。