コンピューターシステム株式会社

工場での在庫・生産管理システム

工場の在庫と生産を調整し、余分に作らないようにする

工場での在庫・生産管理システムの開発経緯

元々、クライアントがお使いになられていた在庫・生産管理システムは年間課金のパッケージソフトでした。
その期限が切れるタイミングであったことと、ソフトのアップデートの手間の問題があり、この機会に更新ではなく新しいシステムに しようというお話になりました。

工場での在庫・生産管理システムの開発について

クライアントが遠方だったため、プロジェクトの最初の1週間はクライアントの担当者様と顔と顔を突き合わせて仕様のミーティングをしました。
最初の1週間でみっちりとお打ち合わせし、時間がある時に食事などをしてコミュニケーションを取っていましたので、実際に開発が決まった後もスムーズにコミュニケーションが取れて円滑に仕事ができました。

システムは在庫と連動ができるシステムで注文があった場合に在庫を確認し、在庫がなければすぐに生産というわけではなく在庫がある 工場を検索して無駄な生産をしないシステムとしました。
このシステムの開発期間は短めでしたが、不具合を発生させないようにレビューを徹底しました。

事例の効果

在庫・生産管理システムの更新について、パッケージソフトからWebアプリケーションへと無事に刷新ができました。
今まではパッケージソフトのインストール型だったので、インストールしたパソコンでしか見ることができなかったが、Webブラウザでの確認ができるようになったので、どこでも確認ができるようになりました。

クライアントの声

開発の時に最初の段階で密なコミュニケーションが取れたことにより、スムーズに開発を進めることができました。
遠方からの依頼でしたが、意思疎通がしっかりできたことにより短い納期の中でも満足が行くシステムができたと思います。
また、ウェブアプリ化したことでインストールの手間を省くことができ、またアップデートの手間も省くことができたので、この点に おいても満足しております。

  • ISEKIアグリサポート アプリ開発
  • 工場での在庫・生産管理システム
  • マルチアーキテクチャサポート評価キット